海が見える式場

ピアノ教室に通い続けること

 女の子を持つ親なら1度はピアノ教室へ通わせようと考えたことはあると思います。うちの子の場合もクラスの女の子のほとんどがピアノあるいはエレクトーン、珍しい所ではバイオリン、フルートと楽器が弾けるような音符が読めるような教室に通っていました。そんななか学校の演奏会等にピアノを弾ける子は限られてきて、そんな子は、全国大会出場や○○大会金賞等ピアノにかける意気込みが違う子たちなのです。ピアノを習ってはいるけれど、音楽の成績すら良いものでもなく、ピアノを練習する時間を勉強時間や塾の時間にあてたほうが後々役に立つと、小学校高学年になりピアノ辞める子が続出しました。そんななか娘にどうする?と聞くと下手だけど好きだからもう少し続けたいと言われ、小学校卒業まで続けました。結局娘も音符が読める程度の成長だけだと感じていましたが、中学・高校の部活を吹奏楽部にしたのも、将来の目標を保育士にしたのも、ピアノが弾けるという前提があったからこそだと子供に言われ、ピアノ教室は意味あるものだったんだなと納得しました。
不明な点がありましたら岐阜 ピアノ教室を比べてみてください。