海が見える式場

指標の発表後がFXでトレンドに乗りやすい時間

私がFXをするときは重要指標の20分後と決めていて、これより前や後だと極端に為替の流動性が変化するから、指標後の動きに乗ってトレンド相場で利益を得るなら過熱気味の荒れ模様から少し時間をおいてからが丁度いい感じと個人的に思います。参考にするなら山口孝志に情報が載ってます。

 

発表前の予想データを信用してポジションを持ち、指標の結果がその通りだったとしても為替というものは必ずデータ通りに動くということはないですし、むしろ織り込み済みで逆方向に勢いがつくパターンも多いので、私は指標時間前にはポジションをすべて決済しているのです。このサイトが良いと聞きました金本浩で解決。

 

詳しい情報はFX-Jinをご利用ください。

 

勢いのつく方向は最初のほうだとブレがあって乱高下になりがちだから、20分ほど間をおいてからがトレンドと認識していい動きが始まると思っているので、指標の直後はどんなに偏った動きをしていても一切FX取引のことは考えず、チャートがどういうパターンを作りそうか見続けることが大切といえます。参考にしてねクロスリテイリング 山口孝志を見るべき。

 

そうすることでダマシ的な動きに惑わされることはなくなってきましたし、一度ポジションを持ったらすぐに損切りするようなラインまで価格が戻ることなくトレンドに乗れていることもあり、私の中では指標トレードの定石的な取引パターンとして使うようになりました。
良いサイト→クロスリテイリング 金本浩へどうぞ。