海が見える式場

税理士と経営コンサルタントはどう違うのか

知りたい方は大田区 税理士←←どうぞ。
まず経営コンサルタントというものは、
特に国家試験があるわけでもなく、誰でも名乗れる肩書きに過ぎません。
名刺に経営コンサルタントと書かれていたら、
その人物を疑ってかかって対応した方が無難です。
ですが、全ての人物がダメというわけではありません。
事業を行うと様々な問題が発生しますが、
税理士が相談に応じられるのは、あくまでも税金の問題に限られます。
中には幅広い問題の相談に応じられる税理士も居ますが、
それは単に勉強熱心な個人というだけにすぎません。
そのため、経営コンサルタントにも一応の存在価値が出てきます。
例えば病院を開業したいと考えている医師がいたとします。
どこで開業すべきか、どのような機械を導入すべきなのか、
このような問題には税理士は全く答えることが出来ません。
ですから、医療経営コンサルタントという職業が成立するわけです。
ですが、前述した通り、経営コンサルタントは誰でも名乗れる為、悪用も簡単です。

依頼する場合は、その人物の評判を十分に精査する必要があります。
税理士の中には、経営コンサルタントを売りにしている人も居ます。
そのような税理士はまだまだ少ないですが、
すでに難関の資格を有していることは、ひとつの信用の尺度にはなります。